岐阜 大垣さし源
婚約・結婚 指輪取扱い点数 東海エリア最大級
明治20年創業の老舗宝飾店

フリーダイヤル:0800-200-2686

トップ > コラム > ブライダルリングの地金の種類

ブライダルリングの地金の種類

結婚指輪や婚約指輪に使われるプラチナとゴールドについて紹介します。

 

プラチナ

白金族のひとつで白い光沢をもち酸に強い金属です。

ブライダルリングとしては「Pt900」・「Pt950」を使用することが多く、これは90%~95%の純プラチナに対して5%~10%の同じ白金族の主にパラジウムを混合して作られた合金です。
合金することによって強度を増すことができます。
日本のブライダルリングに使用されている一番多い素材であり、人気の素材です。

 

ゴールド

山吹色の光沢をもち展性と延性に富んだ金属です。

ブライダルリングには「K18(18金)」を使用することが多く、これは75%の純金に対して25%の銀や銅やパラジウムといった金属を合金します。
合金することでプラチナ同様強度を増すことができます。銀や銅やパラジウムの割合によってレモンイエローのような明るい黄色のグリーンゴールド、淡い赤みのあるピンクゴールド、そして白っぽいホワイトゴールドなど、様々な色合いを作ることができるのが特徴です。

 

 

***

 

結婚指輪や婚約指輪といえばプラチナのイメージは強いと思いますが

カジュアルな雰囲気が出せるゴールドも人気がありますよ。

普段使いのアクセサリーがゴールド系が多いなら同じ色合いで統一するのも良いでしょう。

 

ただ、婚約指輪にはダイヤモンドの透明感を引き立てるプラチナが最もオススメです。

ぜひ店頭で試着してみてくださいね♪