岐阜 大垣さし源
婚約・結婚 指輪取扱い点数 東海エリア最大級
明治20年創業の老舗宝飾店

フリーダイヤル:0800-200-2686

トップ > お知らせ > 宝石箱の中身

宝石箱の中身

宝石箱の中身、きちんと整頓されていますか?

 

 lgi01a201411141600

 

保管方法を間違うと、大切なジュエリーに傷がついたり

チェーンが絡まる場合があります。

大切に使って次世代につなげていきたいジュエリーこそ、丁寧に保管しましょう★

 

■オパールやエメラルドなどは硬度が低いため、傷がつきにくい工夫をして入れましょう。

硬度が高いダイヤモンド、ルビー、サファイアなどの石や

チェーンなどの金属とこすれる環境にあると

石自体に傷がついたり、割れるおそれがあります。

単体でケースに入れたり、石の部分を保護できるように工夫してくださいね。

 

■珊瑚・真珠は使用後、汗など表面に付いた汚れを拭き取ってからケースに入れましょう

珊瑚や真珠も先程と同じく硬度が低いためキズも心配ですが

こちらは汚れをずっと放置してしまうと、表面がただれて見えたり変色する可能性もあります。

また時間が経った汚れは落としにくいもの。

使った日についた汗や水分は、メガネふきのような柔らかい布で

綺麗にふき取ってからケースにしまうと良いですよ♪

 

また、ワイヤーで仕立ててあるものはワイヤーの部分を折り曲げてしまうと

無理な力がかかってワイヤーが折れ、バラバラになってしまいます。

ご納品時のケースにしまうように心がけてください。

急いでバッグにしまったときなどは途中で折れ曲がらないように気をつけてくださいね!

 

 

■チェーンがからまったら無理に引っ張らずおちついてほどくか、プロに任せましょう

細いチェーンの場合、何本かつながっているなかでの作業は本当に大変です。

もちろん絡まないような工夫も必要ですが、もし絡まってしまったら

時間のあるときに落ち着いてやるか、それでもできなければ当店にご相談下さい。

 

ちなみに、指先では感覚がわかりづらく、細いチェーンの場合は時間がかかります。

つまようじが2本あると、爪楊枝の先でチェーンを少しずつほどくことができますので便利ですよ★

ただし、力を入れすぎて切らないように気をつけてください。