よくある質問

パール

トップ > Q&A > パール > 最近、黒真珠(黒蝶真珠)という言葉をよく聞きますが、黒真珠(黒蝶真珠)が人気なのはなぜですか?

最近、黒真珠(黒蝶真珠)という言葉をよく聞きますが、黒真珠(黒蝶真珠)が人気なのはなぜですか?

黒真珠(黒蝶真珠)が人気なのは、大粒で深みのある色合いが存在感を放ち、幅広く使えるからです。

 

黒真珠(黒蝶真珠)が人気の理由

本来の黒真珠(黒蝶真珠)は、黒蝶貝から採れる黒蝶真珠と呼ばれるものです。

黒真珠(黒蝶真珠)とは、一般的に黒い色をした真珠のことを言いますが、中には白い真珠を加工して黒くしたものもあります。

元々黒い色をした真珠は、黒蝶真珠とも呼ばれ、黒蝶貝を母貝として作られるものです。その多くはタヒチで養殖されており、現在世界に出回っている黒蝶真珠の9割以上はタヒチ産となっています。

 

黒真珠(黒蝶真珠)の魅力

黒真珠(黒蝶真珠)とも呼ばれる黒蝶真珠の魅力は、やはりその色合いにあります。

単に黒いのではなく、光の加減で赤や緑かかって見えるなど、深みのある色合いが特徴です。

また、一粒一粒に個性があり、赤みの強いものや淡い色合いの真珠など、さまざまな顔を見せてくれる真珠でもあります。シックでありながら、華やかさも併せ持っています。

冠婚葬祭はもちろん、普段の洋服と合わせても使用することができ、大人の女性の魅力を引き出してくれるのが魅力です。

 

大ぶりな黒真珠(黒蝶真珠)が多い

黒真珠(黒蝶真珠)は、アコヤ真珠などと比べても大ぶりなのが特徴的です。

これは、黒真珠(黒蝶真珠)を育む黒蝶貝がアコヤ貝に比べて大きいため、大粒の黒真珠(黒蝶真珠)を連ねたネックレスなどはその神秘的な色合いもあり、とても美しいです。

また、粒が大きいので黒真珠(黒蝶真珠)を一粒だけあしらったパールネックレスや、パールイヤリングでも十分な存在感があり、おしゃれに身に付けるアクセサリーとしても魅力的です。

 

手が届く価格になった

以前は黒真珠(黒蝶真珠)というと、なかなか見つかることのない希少なものだったため、非常に高級でかなり高価なものでした。しかし、1970年代にタヒチで養殖に成功したこともあり、現在では手が届く価格でも販売されています。

現在では、世界に出回っている黒真珠(黒蝶真珠)の9割以上はタヒチ産であり、タヒチパールとも呼ばれるのはそのためです。
こうして、幻の真珠とも呼ばれる存在だった黒真珠(黒蝶真珠)が、身近な存在になったことも、人気が高まっている要因の1つでしょう。

 

 

まとめ

黒真珠(黒蝶真珠)がなぜ人気なのかをご紹介しました。
黒真珠(黒蝶真珠)は、大粒で深みのある色合いが魅力の宝石です。以前は、幻の真珠とも呼ばれるほど希少な真珠でしたが、現在はタヒチで養殖されているため身近な宝石となり、そのファッション性の高さもあって人気が高まっています。冠婚葬祭はもちろん、幅広く使えるのも魅力的です。

 

 

そのほかの「よくある質問」はこちら

お問い合わせはこちら

婚約指輪・結婚指輪からパール、時計、結納、ジュエリー、リモデルなら大垣 さし源にご相談ください。

0800-200-2686

お問い合わせはこちらContact

一覧に戻る