よくある質問

パール

トップ > Q&A > パール > パールネックレスの糸替えを自分で行う方法はありますか?

パールネックレスの糸替えを自分で行う方法はありますか?

パールネックレスの糸替えを自分で行う方法はありますが、専門店に依頼する方が安心です。

 

糸替えの必要性

使う年齢を選ばないパールネックレスは、一生使えるものですし、母親や祖母から譲り受けることもあるでしょう。
パールのネックレスは、きれいに見えていても繋いでいる糸は、経年劣化していることがあります。
万が一使っている時に切れてしまうと、大切なパールがバラバラになって失ってしまうことにもなり兼ねません。そうならないために、パールネックレスは定期的に糸替えをする必要があります。
また、以前はパールネックレスの糸には絹の糸を使うのが一般的でしたが、現在はワイヤーやポリエチレンの糸が使われています。

パールネックレスを譲り受けた場合は、糸の状態をしっかり確認してから使うようにしましょう。

 

自分で糸替えは可能か

パールネックレスは、一粒一粒を糸で繋いでネックレスにしているので、ネックレスの形状にすることは素人でも可能です。
糸が切れてパールがバラバラになってしまうよりは、自分で糸替えをした方が良いかもしれません。

しかし、高級なパールネックレスは、金具の部分から両側3粒の間に「ノット」と呼ばれる結び目を作るなど、専門的な方法で糸が通されています。
また、専門店が糸替えをする場合は、パールの順番はもちろん、上下も入れ替わらないように忠実に行われます。しかし、自分ではなかなかそこまで正確に通すことは難しいです。

できるだけ専門店に依頼することをおすすめします。

糸替えだけの料金であれば、1,000円~5,000円が相場です。

 

自分で糸替えを行う方法

自分で糸替えを行う場合は、できるだけ専用の糸などを用意しておきましょう。

専門店で販売していることもありますし、ネット通販などで探せば見つかります。金具周辺は、糸が切れやすいこともあり、3粒目まではノットを作りながら糸を通していきます。正しい通し方やノットの作り方などは、インターネットの動画などを見ながら行うのがおすすめです。

とはいえ、糸を用意して、かなりの手間をかけて糸替えをするのであれば、専門店に依頼した方がキレイに仕上がります。よく検討してから実践するようにしてください。

 

 

まとめ

パールネックレスの糸替えは、自分でできないことではありませんが、専門的な知識や技術がないと正しい方法で通すことは難しいです。

パールネックレスは、何世代にも受け継がれるネックレスでもあります。綺麗な状態を保つためには、専門店に依頼することをおすすめします。

糸替えについて、自分でするには不安だという方は、ぜひ一度ご相談ください。

 

 

そのほかの「よくある質問」はこちら

お問い合わせはこちら

婚約指輪・結婚指輪からパール、時計、結納、ジュエリー、リモデルなら大垣 さし源にご相談ください。

0800-200-2686

お問い合わせはこちらContact

一覧に戻る