よくある質問

パール

トップ > Q&A > パール > 金属アレルギーでもつけられるブライダルアクセサリーはありますか?

金属アレルギーでもつけられるブライダルアクセサリーはありますか?

金属を使っていないパールネックレスなどがおすすめです

パールなら金属アレルギーを起こさない

金属アレルギーとは、汗などによって触れている金属からイオンが溶けだし、体内のたんぱく質と反応して起こる症状です。そのため、夏場など汗をかく季節になると、とくに症状がひどくなることもよくあります。そのためにジュエリーを身につけたくてもつけられない、という人も多いのですが、ブライダルにはやはりアクセサリーをつけたいもの。金属でないジュエリーであるパールなら、金属アレルギーの人でも安心して使うことができます。

 

ジュエリーアクセサリーとしても最適のパール

パールはジュエリーの中でも非常に格式の高いものです。そのため、冠婚葬祭、どんな時でも使うことができ、ジュエリーアクセサリーとしても品良くまとまるため人気があります。さらに、光る素材はマナー上あまりよくないと言われる昼間の披露宴などでもパールならつけることができたり、花嫁と被ることが良くないと言われる装飾品の中でもつけることが許されていたりと、マナーの面でもつけやすいのが魅力でしょう。もちろん花嫁のアクサセリーとしても、純白・純真を意味するパールは最適のものですし、ウエディングドレスにも良く似合います。

 

金具などにも気をつけて

ネックレスそのものの素材がパールであるため、基本的には金属アレルギーでも心配ありませんが、留め金のところに金属の金具が使用されている場合はそこにアレルギーを起こす可能性があるので、その点は注意が必要です。アレルギーの人でも使いやすいように、金属アレルギーを引き起こしにくいセラミックやサージカルステンレスなどの金具を使ったパールのジュエリーもありますので、そういったものを選べば安心でしょう。また、金属アレルギーがある人は肌がデリケートな場合があるので、金属アレルギー対応のジュエリーであっても、挙式当日よりある程度前に身につけてみて、本当に大丈夫か確認しておくことをおすすめします。大丈夫と思っていたら、いきなり当日アレルギーが出た、ということもありますし、そうなると一生に一度の結婚式に悔いが残ることにもなりかねません。事前の準備は万端にしておくとよいですね。

 

まとめ

パールはもともとブライダルジュエリーには最適ですが、金属アレルギーがある場合は特におすすめです。金具なども金属アレルギーに配慮したものを使い、本当にアレルギーを起こさないか事前につけてみるようにしましょう。

 

 

そのほかの「よくある質問」はこちら

お問い合わせはこちら

婚約指輪・結婚指輪からパール、時計、結納、ジュエリー、リモデルなら大垣 さし源にご相談ください。

0800-200-2686

お問い合わせはこちらContact

一覧に戻る