よくある質問

ブライダルリング

トップ > Q&A > ブライダルリング > 年代別に分析!結婚指輪・婚約指輪の平均予算は?

年代別に分析!結婚指輪・婚約指輪の平均予算は?

年代が上がるにつれて、指輪の予算は上がる傾向があります

平均とボリュームゾーンは違います

結婚指輪や婚約指輪の相場は、年代によって違ってきます。やはり、年齢が高くなるにつれて相場も上がる傾向がありますが、平均のデータは一部の高額な指輪を選ぶ人によって引き上げられているということもあり、実際のボリュームゾーンは、平均よりもやや低いくらいの金額になります。

 

婚約指輪

婚約指輪は、使う宝石や、石のサイズなどによって価格の幅が大きいため、年代による違いも大きくなるのが特徴です。数万円で買えるものもあれば、数百万円以上もするような指輪もあるので、個人差もかなりあります。

20代の場合、まだ社会人になって10年もたっていないということもあって、年収がそれほど高くないのが一般的です。そのため、婚約指輪の平均は15万円~30万円程度。人によっては記念になればよいということで、数万円のファッションリングですませたり、婚約指輪はなしで、というカップルもいます。これも、若くてまだお金がないので新生活にお金がかかることを考えた、若い20代ならではの選択といえるでしょう。

30代なると、平均でだいたい30~35万円程度。社会人としても中堅クラスになり、余裕も出てくることで婚約指輪としてそれなりのものを贈りたいという男性が多くなります。40代になると、さらに金額が上がって40万円前後が平均ですが、40代になると人によって収入の差も大きくなるので、100万円の指輪を贈る人もいれば、20万円の指輪を贈る人もいるのが実情です。

 

結婚指輪

結婚指輪はシンプルなデザインが多いこともあって、高いものでも1つに20万円前後ですから、それほど価格に開きが出るわけではありません。

予算を抑えることの多い20代の場合は、結婚指輪も5万円~10万円前後、30代、40代はあまり変わらずどちらも10万円~15万円が平均です。これは1つの指輪の値段なので、ペアでの購入はその倍くらいの予算が必要になります。実際のところ、結婚指輪はシンプルなデザインのものであれば、見た目で値段の差がわかるものではありませんので、20代のように予算を抑えるのも一つの方法でしょう。

 

まとめ

婚約指輪の予算相場は、年代が上がるにつれて高くなりますが、結婚指輪は20代がやや平均が低いものの、30代以降はそれほど違いはありません。婚約指輪も、年代による違いもありますが、ひとりひとりの金額もいろいろなので、自分の予算やライフスタイルに合わせて決めていくようにしましょう。

 

 

 

そのほかの「よくある質問」はこちら

お問い合わせはこちら

婚約指輪・結婚指輪からパール、時計、結納、ジュエリー、リモデルなら大垣 さし源にご相談ください。

0800-200-2686

お問い合わせはこちらContact

一覧に戻る