ブログ記事

ブライダルリング

トップ > ブライダルリング > 400年の歴史が結婚指輪に・・・

400年の歴史が結婚指輪に・・・

 

杢目金屋

 

江戸時代に生まれた「杢目金(もくめがね)」という

当時は刀の鍔(つば)などに使われていた技法を用いて作ったリングです。

 

木の年輪のような模様が特徴的で

使えば使うほど味がでる模様は、一生をともにするブライダルリングにぴったり★

 

プラチナやゴールド、シルバーの薄い板状の素材を幾重にも重ね

ねじり、叩き延ばしたものをリング状にして作ります。

 

杢目金屋では「つながるカタチ」というシリーズがあり

こちらは1つの木目素材をふたりで分かち合ってつくります。

指輪づくりもおふたりの大切な思い出になりますよ★

 

店頭で試着可能です。

ぜひお気軽にご来店くださいね!

 

お問い合わせはこちら

婚約指輪・結婚指輪からパール、時計、結納、ジュエリー、リモデルなら大垣 さし源にご相談ください。

0800-200-2686

お問い合わせはこちらContact

一覧に戻る