儀式・結納

結納の進め方

トップ > 儀式・結納 > 結納の進め方

結納当日の進め方(進行)

結納は、両家とも緊張する儀式です。しっかりと予行演習をすることで、当日落ち着いて進められるはず。ここでは一般的な結納の進め方を紹介します。

 

1.会場到着

おふたりはそれぞれの家族と共に会場にお入りください。 持参した結納品を会場の所定の位置に飾ります。 係りの人に預ける場合もあるので事前に確認を。

 

2.両家が挨拶、着席する

準備が整ったら、男性側が上座、女性側が下座に着席します。 案内をあらかじめスタッフに頼んでおくとスムーズ。 

  •  

 

3.男性側の父親が簡単な口上を述べて女性側の父親へ目録を渡す

 

  • 男性側父親



  • 「このたびの○○(女性名)家様との婚約につきましては 私ども家族一同大変喜んでおります。 本日は吉日でございますのでお約束のしるしとして結納を持参いたしました。幾久しくめでたくご受納ください。」

  • 男性側が「目録」・「小袖料」・「家内喜多留料」を女性の父親の前に運びます。

 

 

  • 4.女性側が目録を確認後、受書を渡す

     

    • 女性の父親が目録を開き拝見。 母親→女性の順に回覧します。 全員が拝見したら結納品の前に戻します。 続いて受書を男性の父親の前に運びます。

     

    女性側父親


    「誠にありがとうございます。結構なお結納の品々を頂戴いたしまして厚く御礼を申し上げます。
    幾久しくめでたくお受けいたします。」

    その後、あらかじめ用意した受書を女性側の父親が男性側の父親に渡します。

     

    女性側父親


    「受書でございます。どうぞお納めください。」

     

 

5.男性側の父親が結びのあいさつをする

  •  

      • 男性側の父親はお礼を言い、父、母、本人の順で受書を確認します。

      •  

        男性側父親


        「確かにお受け取り致しました。」

         

      • ※同時交換の場合は、ここで女性側の父親が「この場をお借りしまして引出結納を納めさせていただきます」と口上を述べて儀式を始めます。

      • 男性側の父親が無事終わったことを宣言する口上を述べて、女性側はお礼を言い、一堂で挨拶をして無事お開きとなります。

      •  

        男性側父親


        「本日はどうもありがとうございました。 おかげさまで無事に結納をお納めすることができました。今後とも幾久しくよろしくお願いいたします。」

    •  
    • 男性挨拶
      「今日は私たちのためにこのような席を設けていただきましてありがとうございました。
       今日、婚約できましたのは、両親のおかげであると心より感謝しております。
       ふたり力を合わせて幸せな家庭を築いてまいりますので今後ともよろしくお願いいたします。

     

  • 6.祝宴・食事

結納式が終わりましたら食事をお楽しみください。 タイミングは会場側と事前に打ち合わせを。