よくある質問

マリッジリング

トップ > Q&A > マリッジリング > 結婚指輪に誕生石の裏石を入れたい!それぞれの誕生石が持つ意味は?

結婚指輪に誕生石の裏石を入れたい!それぞれの誕生石が持つ意味は?

誕生石には、それぞれ意味があります。自分の誕生石とその意味は覚えておきたいですね

結婚指輪の裏石に誕生石を入れるのも素敵です

結婚指輪は、日常的に嵌めておくことが多いこともあって、シンプルなデザインにするのが一般的です。そのかわり、裏側に結婚の日付やお互いのイニシャルを刻印したり、小さな宝石を裏石として埋め込んだりします。この裏石は、どんな種類でもよいので、好みの宝石にしたり、サムシングブルーとしてブルーサファイアにすることもありますが、誕生石を選ぶ人も少なくありません。誕生石にはそれぞれ意味があるので、自分の誕生石とその意味は覚えておきたいものです。

 

1月 ガーネット

ルビーよりも深い赤が特徴的なガーネットですが、その中にも種類がいろいろあって種類によって色味も変わってきます。その石言葉は「貞操」「忠実」「真実」「友愛」「変わらぬ愛」など。変わらぬ愛を誓う結婚指輪にはピッタリかもしれません。

 

2月 アメシスト

世界中で高貴な色とされてきた紫色の宝石で、日本では紫水晶とも呼ばれます。石言葉は「誠実」「心の平和」。婚姻によって相手に誠実を誓い、心の平和を手に入れるという点でも素敵な宝石です。

 

3月 アクアマリン

石によって濃さの違いはありますが、人魚の涙から生まれたという言い伝えもあるように、全般的に海を思わせるような透明感のある薄いブルーの宝石です。石言葉は「沈着」「聡明」。爽やかな色は、夫婦の新しい門出にふさわしいでしょう。

 

4月 ダイヤモンド

婚約指輪の定番ともいえるダイヤモンドは、地球上でもっとも固い鉱物ともいわれており、二人の固い絆を結ぶ婚約指輪には最適です。石言葉は「清浄」「無垢」。

 

5月 エメラルド

エメラルドは、鉱物としてはアクアマリンと同じ石であり、色が薄いブルーのものがアクアマリン、緑色のものがエメラルドになります。石言葉は、「幸運」「幸福」。結婚指輪にはぴったりの石言葉ですね。

 

6月 真珠

真珠は唯一の冠婚葬祭いつでも使える宝石であるように、非常に格式高く品のある宝石です。その石言葉は「健康」「長寿」「富」といった、幸せな生活につながるものばかりです。

 

7月 ルビー

あざやかな赤色が人気のルビーは、結婚指輪の裏石にしてもよく映えます。石言葉は「情熱」「威厳」「仁愛」などで、情熱的な愛をささげるということで、婚約指輪にする人も少なくありません。

 

8月 ペリドット

明るい緑色が素敵なペリドットは、暗いところでも明るく光ることから「太陽の石」とも呼ばれます。石言葉は「夫婦の幸福」。8月生まれならぜひ結婚指輪に使いたい石です。

 

9月 サファイア

美しく澄んだ青で、とても人気のある宝石です。石言葉は「慈愛」「誠実」ですが、石言葉よりも、サムシングブルーのひとつとして裏石に使う人も多い石です。

 

10月 オパール

光の当たり具合で、いろいろな色の輝きを放ちます。年代やシチュエーションを問わずに使いやすいので、指輪としても人気の高い石です。石言葉は「歓喜」「安楽」。

 

11月 トパーズ

日本では黄色い宝石として知られるトパーズですが、実は黄色以外にも透明や薄茶、ピンクなどさまざまな色のものがあります。石言葉は「誠実」「友情」「潔白」。誠実な愛を使う結婚指輪の裏石に使いましょう。

 

12月 タンザナイト

タンザニアで発見されたことから、タンザナイトと呼ばれるこの宝石は、見る角度によって色が変わる美しい石です。石言葉は「成功」。結婚生活を成功に導くという意味でも、裏石に使いたい石のひとつです。

 

まとめ

宝石にはそれぞれ宝石言葉があり、それも夫婦の新しい門出にはピッタリの意味があります。自分の誕生石や、パートナーの誕生石を裏石にした結婚指輪もよいのではないでしょうか。

 

 

 

そのほかの「よくある質問」はこちら

お問い合わせはこちら

婚約指輪・結婚指輪からパール、時計、結納、ジュエリー、リモデルなら大垣 さし源にご相談ください。

0800-200-2686

お問い合わせはこちらContact

一覧に戻る