ブログ記事

ブライダルリング

トップ > ブライダルリング > 7月の誕生石『ルビー』のお話

7月の誕生石『ルビー』のお話

「誕生石」という言葉を聞いたことがありますか?

地球の大地より生まれる宝石には、その輝き・神秘性からパワーが宿るともいわれいます。そんなパワーを持つ宝石を1月から12月まで配置したものが「誕生石」。誕生石には厄災を払ったり運気を上げるなどお守りの意味合いも強いため、身に着けることでそのパワーを感じ取ることができるのです。

そして7月の誕生石は『ルビー』。

 

ルビーといえば赤い色。その赤い色が「情熱」「仁愛」をイメージすることから、婚約指輪にダイヤモンドが定着する以前はルビーを使われることがあったそうです。

そしてルビーには同じ性質を持つ兄弟の『サファイア』がいますが、赤色のみをルビー、青色や黄色など赤色以外をサファイアと呼ぶことから、赤色がいかに特別なのかが伺えます。

 

そんなルビーを専門に扱うブランドが『モリスルビー』。ミャンマー・モゴック地方のみで採掘される天然で無処理のルビーにこだわり、日本のみならず、世界が注目しているブランドです。

 

7月21日(土)は、そんなモリスルビーの直営店より専任スタッフを招いてのスペシャル相談会を開催します。

様々なルビーの裸石や、普段店頭には置いていないジュエリーのデザインなど、この1日限りの催しなので、この機会にぜひ遊びに来てくださいね!

お問い合わせはこちら

婚約指輪・結婚指輪からパール、時計、結納、ジュエリー、リモデルなら大垣 さし源にご相談ください。

0800-200-2686

お問い合わせはこちらContact

一覧に戻る