キャッシュレス・消費者還元事業」対象店舗 5%還元

よくある質問

ブライダルリング

トップ > Q&A > ブライダルリング > ここでおさらい!婚約指輪と結婚指輪はどう違うの?

ここでおさらい!婚約指輪と結婚指輪はどう違うの?

婚約の時に渡す宝石のついた指輪が婚約指輪、結婚式で交換するのが結婚指輪です

石がついているのが婚約指輪、お揃いで購入するのが結婚指輪

結婚が決まったら、まずは指輪を選びに行く、というカップルも多いのではないでしょうか。結婚が決まって購入する指輪には、婚約指輪と結婚指輪がありますが、この二つは、意味もデザインも違っています。

 

婚約指輪

婚約の証として贈るのが、婚約指輪です。基本的には男性から女性に送るもので、女性からはお返しとして時計などを贈ることもあります。宝石を使った華やかなデザインのものが多いのが特徴で、以前は女性の誕生石を選ぶことが多かったのですが、最近では生まれた月に拘わらずダイヤモンドの婚約指輪を選ぶことが多くなっています。ファッション性の高いデザインのものが多いこともあって、普段使うというよりは、大切な時に身につけるというのが一般的でしょう。以前は給料の3か月分といわれていましたが、現在はそういうことはなく、20~50万円が相場といったところでしょう。サプライズで男性が指輪を差し出しながらプロポーズというのも素敵ですが、現実的には自分の好みのものを一緒に選びたいという女性も多いので、その点は注意しましょう。

 

結婚指輪

結婚式で行われる指輪の交換に使われるのが結婚指輪です。ペアの指輪で、シルバーやゴールド、プラチナを材料としたシンプルなデザインのものが一般的です。小さな宝石が埋め込まれたデザインのものもありますが、基本的にはシンプルなデザインなので、日常的につけて生活しても支障ありませんし、実際につけている人も多いです。以前に比べて、普段から結婚指輪を身につける男性が増えたのもお互いの愛を誓うだけでなく、既婚者であることを周囲にさりげなくアピールする役割もあります。宝石がついていないこともあって、価格も婚約指輪に比べると控えめ。最近では婚約指輪と重ね付けすることを前提に、デザインを合わせたものも人気です。付けている時間も婚約指輪に比べてかなり長いものになるので、二人で相談しながら納得できるものを選ぶようにするとよいでしょう。

 

まとめ

婚約指輪は、婚約した段階で男性が女性に送る宝石付きの指輪、結婚指輪は結婚式の指輪の交換で交換し、その後は日常的に指にはめておくシンプルなペアの指輪のことです。どちらも大切な指輪なので、二人で相談しながら選びたいものです。

 

 

 

そのほかの「よくある質問」はこちら

お問い合わせはこちら

婚約指輪・結婚指輪からパール、時計、結納、ジュエリー、リモデルなら大垣 さし源にご相談ください。

0800-200-2686

お問い合わせはこちらContact

一覧に戻る