よくある質問

ブライダルリング

トップ > Q&A > ブライダルリング > 婚約指輪と結婚指輪をつけるタイミングとは?

婚約指輪と結婚指輪をつけるタイミングとは?

婚約指輪は婚約したらつけてかまいません。結婚指輪は、結婚式までつけない人もいます。

婚約指輪と結婚指輪は、もらったらすぐにつけてよいの?

婚約指輪と結婚指輪は、どちらも結婚が決まったら用意するものですが、実際につけるのはいつからなのでしょう?どちらも特に決まりがあるわけではありませんので、ある程度自由にしてもかまいません。

 

婚約指輪

婚約指輪は、基本的にはもらったらすぐにつけても構いません。正式には結納の席で贈るものですから、結納の予定がある場合はそれ以降にするのがよいでしょう。最近では結納自体が少なくなっているため、結納をしないという場合は、いつつけても構いません。

普段あまり指輪をする習慣がなくて、いつつければよいかわからない、という人は、とりあえずデートや結婚式の打ち合わせなど、彼とのお出かけの時につけていくと喜ばれるでしょう。また、彼のお宅へ挨拶に伺う時や、自分の親に紹介する時などにもぜひつけるようにしましょう。

ただし、婚約指輪はデザインが込み入ったものも多いので、触れて傷をつけたりしないためにも子どもの相手をするときや、何かの作業をする時には外したほうが安全です。また、お通夜やお葬式などの席でつけるのもマナー違反です。

 

結婚指輪

結婚指輪の場合、「結婚式までつけない派」と「買ったらすぐにつける派」の2つのタイプに分かれます。セレモニーとしての指輪の交換を重視するのであれば、結婚式までつけずに我慢して、指輪を交換してからつけるというのもよいですし、特にそれまでつけてはいけないという決まりはないので、購入したら結婚前からつけている人もいます。また、結婚式より前に入籍をするので、そのタイミングでつけるという人もいます。

結婚指輪は、日常的につけておけるように、シンプルなデザインにすることが多いので、常につけているという人も多いのではないでしょうか。24時間つけっぱなしという人もいれば、お風呂や寝るときは外す、という人もいます。結婚指輪は、一般的にどんな席でもマナー違反にはなりません。お葬式の席でも、パールの一連ネックレスと結婚指輪だけはつけていても大丈夫ということになっています。

 

まとめ

結婚指輪も婚約指輪も、明確にこのタイミングでつけるという決まりはありません。婚約指輪は、もらった後は機会があればどんどんつければよいですし、結婚指輪は買ったらすぐつけるか、入籍を機につけるか、結婚式からつけるか、二人で相談して決めるとよいでしょう。

 

 

 

そのほかの「よくある質問」はこちら

お問い合わせはこちら

婚約指輪・結婚指輪からパール、時計、結納、ジュエリー、リモデルなら大垣 さし源にご相談ください。

0800-200-2686

お問い合わせはこちらContact

一覧に戻る