よくある質問

ブライダルリング

トップ > Q&A > ブライダルリング > エタニティリングとは何ですか?どんな種類がありますか?

エタニティリングとは何ですか?どんな種類がありますか?

ダイヤモンドなどのストーンを指輪全周に埋め込んだデザインの指輪をエタニティリングと言います。

エタニティの意味は「永遠」。永遠の愛を誓うのがエタニティリング

指輪のリング部分全周に渡って、ダイヤモンドなどの小さいストーンを埋め込んだデザインの指輪をエタニティリングと言います。エタニティは「永遠」という意味であり、途切れることなく連なったダイヤモンドが永遠をイメージさせることからエタニティリングと名付けられました。一つ一つのダイヤモンドは小さいものの、それが連なることで品の良い華やかさを醸し出し、どんなファッションでも合わせやすいのも人気の理由です。

 

エタニティリングの種類

エタニティリングには、フルエタニティとハーフエタニティがあります。フルエタニティは、リングの全周にダイヤモンドなどのストーンが埋め込まれたタイプです。ストーンはダイヤモンドとは限らず、ルビーやサファイアなどの色のついたものでも素敵です。全面にストーンがついているので、どこから見てもキラキラして美しいのがメリットですが、強度が弱くなるのと、サイズのお直しができなくなるのがデメリットといえるでしょう。

ハーフエタニティは、リングの半分にだけダイヤモンドなどを連ねたデザインのリングです。嵌めると、手の甲の側から見るとエタニティリングで、手のひら側から見ると普通のリングです。フルエタニティに比べると華やかさの点で劣るという人もいますが、使うストーンが少なくて済むためフルエタニティよりも安くすんだり、強度が高かったり、将来的に指のサイズが変わった時にお直しして使うことができるなど、メリットも多いのです。

 

ストーンのつけ方による違い

リングの周囲にぐるりとストーンが並ぶエタニティリングですが、一つ一つのストーンを4つの爪で止めた4爪留めや、ひとつの爪が両側のストーンを留めている共有爪留め、両サイドのレールにストーンがはめ込まれたようになっているレール留めなど、ストーンの留め方によっても指輪の雰囲気は違ってきます。また、見た目だけでなくストーンの取れにくさや強度も違ってくるので、その点も検討しながら選ぶようにしましょう。

 

まとめ

上品かつ華やかな輝きを放つエタニティリングは、永遠の愛を誓う指輪として、結婚指輪や婚約指輪としても人気の高いデザインです。普段でも使いやすいので、ファッションの面からエタニティリングを選ぶ人も多いでしょう。上品かつ華やかな魅力をもつエタニティリングですが、使い勝手やお直しのことを考えてハーフエタニティにするのもいいかもしれません。

 

 

そのほかの「よくある質問」はこちら

お問い合わせはこちら

婚約指輪・結婚指輪からパール、時計、結納、ジュエリー、リモデルなら大垣 さし源にご相談ください。

0800-200-2686

お問い合わせはこちらContact

一覧に戻る