よくある質問

ブライダルリング

トップ > Q&A > ブライダルリング > ブライダルリングのダイヤのグレードの基準を教えてください

ブライダルリングのダイヤのグレードの基準を教えてください

ダイヤモンドのグレードは、4Cで決まります

ダイヤモンドのグレードを決める4Cとは

ブライダルリングに使われることの多いダイヤモンドですが、そのグレードは4Cと呼ばれる基準で決まります。この4Cとは、「カラット」「クオリティ」「カット」「カラー」というCを頭文字とする4つの基準のこと。それぞれの基準のなかでどのような評価を受けるかによって、そのダイヤモンドの価値や価格が変わってきます。

 

1.カラット

ダイヤモンドの大きさを伝えるのによく使われる「カラット」ですが、これは正確にはダイヤモンドの重さを示す基準です。1カラットは0.2グラムで、その重さの測定は千分の一カラットまで行います。重さで測るため、同じカラット数でもカットによって多少見た目の大きさが違う場合はありますが、1カラットのダイヤの直径はだいたい6㎜程度。0.5カラットで5㎜、2カラットは8.1㎜程度になります。見つかるダイヤの原石の多くは、1カラットに満たないものですので、大きくなればなるほど希少性が高まり価格は高くなります。

 

2.クオリティ

ダイヤモンドのクオリティという基準は、透明度を表します。気泡や異物などの内包物の量、キズ・欠けなどの状態によって評価を行い、何もないほうが評価は高くなります。グレードの高いほうから、FL・IF・VVS・VS・SI・Iと表記されますが、最もグレードの高いFLは、フローレンスの略で、10倍に拡大してもまったく無傷であるということ、逆にIは、肉眼で見える内包物や傷がある状態であり、その間にそれぞれのグレードが位置します。

 

3.カット

4Cの中で唯一人の手によってグレードが変わってくるのがカットです。ダイヤモンドは原石のままでは光りません。ひとつひとつ職人が研磨を行い、カットすることによってあの輝きが生まれるのです。ブライダルリングによく使われるのが、ラウンドブリリアントカットで、もっとも美しく輝くといわれるカット方法です。エクセレント・ベリーグッド・グッド・フェアー・プワーの5段階に分かれており、エクセレントが最高品質となります。

 

4.カラー

カラーは、ダイヤモンドの色味を評価する基準です。上から、D・E・F・G・H・I・J・K・L・M・N~Zと別れており、無色のほうがグレードが高くなります。グレードが低くなるにつれて黄色がかった色になり、評価が低くなるのです。

 

まとめ

ダイヤモンドの評価を決めるグレードは、4C(カラット・カット・クオリティ・カラー)で決まります。それぞれの中に細かい基準が設けられており、その基準によってグレードが評価されます。

 

 

そのほかの「よくある質問」はこちら

お問い合わせはこちら

婚約指輪・結婚指輪からパール、時計、結納、ジュエリー、リモデルなら大垣 さし源にご相談ください。

0800-200-2686

お問い合わせはこちらContact

一覧に戻る