儀式・結納

結納品・結納目録

トップ > 儀式・結納 > 結婚までの流れ > 結納準備 > 結納品・結納目録

この地方では5品目または7品目の結納品が一般的です。
これら以外にも店頭には多くの飾りを揃えております。
実際にご覧いただき、お客様の想いを伺いながら結納品を決定していきます。

 

天平飾り

天平飾り

(文庫 毛仙二帖を含みます)

東海地方の伝統を重んじ松竹梅鶴亀に願いを込めた格調高い正式な七品目の結納飾りです。

みやび飾り

みやび飾り 

(毛仙一帖、凡呂敷5巾一枚を含みます)

黒塗台(六客)、広蓋を用い豪華な伝統工芸の永引細工(松竹梅鶴亀)を飾り、現代的で格調高い七品目の結納飾りです。

  •  

     

    扇飾り

    扇飾り

    (毛仙一帖、凡呂敷5巾一枚を含みます)

    白木扇面台を使い七品目の結納をコンパクトにした結納飾りです。

    本金白寿高砂飾り

    本金白寿高砂飾り

    (毛仙一帖、凡呂敷5巾一枚を含みます)

    黒塗台に松竹梅と博多高砂人形を飾り、五品目の略式ながら格調高い結納飾りです。

     

  •    

金華飾り

金華飾り

(毛仙半帖、凡呂敷4巾一枚を含みます)

黒長手台・角台に金一本松竹梅と鶴亀を飾り、万寿盆に目録を載せた結納飾りです。

遠方用飾り

遠方用飾り

(毛仙1/4帖、凡呂敷3巾一枚を含みます)

会津塗り文庫の中に五品目をコンパクトに納められる結納飾りです。

 

 

高砂人形

高砂人形

(凡呂敷5巾一枚を含みます)

尉と姥の人形のことです。
共に白髪になるまで夫婦仲睦まじという願いが込められています。

祝樽

清酒

 

古来よりお喜びの席には、お酒でもてなすという習慣から角樽を用意する形もあります。
※お酒は扱っておりません。

 

 

  • 屏風

    屏風
  • 床の間の代わりに屏風を置いて仮床をつくります。

 

 

  •  

     目録

    小袖料・家内喜多留料小袖料・家内喜多留料

    小袖料・酒肴料小袖料・酒肴料

     

     

    「結納のしおりより」

    • 結納のしおりより

 

 

目録の記入項目

  1. 「小袖料」(一般的には結納金とその金額

  2. 本人様記念品

  3. 酒料として「家内喜多留料」「酒肴料」とその金額
     ※結納の品にスルメ・コンブが付く場合の酒料は「家内喜多留料」・付けない場合
    「酒肴料」としてスルメ・コンブを含めているように書きます。

  4. その他結納に付ける品々とその数を書きます。

  5. 両家のお名前
    ※この地方では、御苗字を書く場合が多いですが、ご本人様の氏名で書くこともあります。
    地域によりいろいろ習慣がありますが、準備をする地域の習慣で良いと思います。

  6. お持ちになる年月
     ※日付は書かずに「吉日」と書きます。 

 

良くある質問